業務用脱毛器の情報を集めよう

このサイトではエステサロンを開業したときに備品の業務用美容機器の費用や、スチーマー機能付きと複合機が便利なこと、ems機能付きの効果や最新技術のフェイシャルエステができる美容機器、「エレクトロポレーション」効果について紹介してます。
サロンで使う美容機器には種類が豊富に揃っていて、それぞれ備わっている機能や金額などもかなり違っています。
提供するメニューによって最適な物を選ばないと、施術のときに困ったり不要な機能などが付いていたりします。

エステサロン開業の備品「業務用美容機器」にかかる費用

エステサロン開業の備品「業務用美容機器」にかかる費用 エステサロンの開業で、新しい備品や設備、機器の導入をするときに気になることが業務用美容機器にかかる費用です。
例えばあるメーカーだと470万円程度とかなり高額な料金設定になっていて、これも性能や機能などが十分に備わっていて金額が高くても導入したいオーナーも多いです。
業務用美容機器が高額な理由はイオン導入同時照射が出来るなどのメニューで差別化が出来ることで、世界で初めてや日本初などのキーワードがあると集客力にも繋がり、サロンをアピールして貢献もしてくれる優れた機器です。
ポイントは機能で本格的なフェイシャル施術が行える専用のハンドピースの付属や、機械に冷却機能が付いていたり2本のハンドピースを同時冷却する機能が付いているものも多数あります。
例えば脱毛器で1秒10ショットの高速稼働で電力供給が2500Wだと光を減らさずに脱毛可能で、大容量コンデンサー搭載でパルス幅も十分な長さがあったりします。

エステサロン開業時の業務用美容機器の選び方

エステサロン開業時の業務用美容機器の選び方 エステサロンを開業するときに必要なものは店舗・業務用美容機器などの設備投資、備品と人材です。
すべてに最高の品質を求められればいいですが、実際には予算は限られているし、仮に潤沢な資金があったとしても事業として成り立たせるためには費用対効果・採算性の視点も大切です。
そこで優先順位をつけることになりますが、集客のための立地と、リピーターをつかむための人材にはお金を惜しむべきではありません。
業務用美容機器の最新機種を導入すれば宣伝効果も見込めますが、その一方で最新技術には細心ゆえの、機械の不具合や副作用など未知のリスクもつきものです。
そこで、中古機械を有効活用して価格を抑えることは、すでに導入・稼働実績のある安定した機種なので安全面でも有効です。
中古の業務用美容機器を選ぶ場合に気を付けたい点はメーカー保証がないことが前提なので、販売店による保証がつけられるかと、有償でもいいのでメーカーの保守サービスを受けることができるかが重要です。
保守部品の在庫がなくなると使えなくなってしまうので、あまりに年式が古いものは避け、可能であれば新品として販売されていた当時のカタログ・仕様書なども入手できると安心です。

業務美容機器の情報サイト

業務美容機器

新着情報

◎2020/8/24

ボディメイクしよう
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

リースを利用できる会社
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

中古の業務用美容機器を購入
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

エレクトロポレーション
の情報を更新しました。

◎2019/7/22

最新技術のフェイシャルエステ
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「美容機器 エステサロン」
に関連するツイート
Twitter